特定非営利活動法人OnPal

特定非営利活動法人OnPalは音楽の力で病気のこどもたちを元気づけるボランティア活動を行っている福岡のNPOです。

e-mail  onpal@jcom.home.ne.jp

〒810-0034福岡市中央区笹丘2-22-15

2017.02.17 九大病院音楽授業

2017.02.17 九大病院音楽授業

特定非営利活動法人OnPalで音楽授業を行いました。

日 時:2017年2月17日(金)11:00~12:00
場 所:九州大学病院がんばるーむ
テーマ:「フルートを聴いてみよう吹いてみよう」
講 師:フルート/白木彩子、金堂由樹子  ピアノ/藤江敬子

今日のプログラム
①オープニング
グリーグ作曲:ペールギュントより「朝」
②フルートってどんな楽器だろう
楽器クイズ
③フルートの仲間たち~それぞれの楽器をみてみよう
ピッコロ、フルート、アルトフルート
④いろんな曲を聴いてみよう
イングランド民謡:ピクニック
葉加瀬太郎:情熱大陸
J.Lacalle:アマポーラ
⑤さあ!フルートのように音を出してみよう
⑥いろんな曲を聴いてみよう NO.2
ピアソラ:リベルタンゴ
A Whole New World
⑦さいごに・・・フルートといっしょに歌おう
さんぽ

今日は、先日のこども病院に続いてフルートの白木彩子さんによる授業でした。

ペールギュントより「朝」の演奏に続いて楽器クイズです。
今日の授業では、小学生のとてもよく喋る男の子がいてくれたおかげで、どんどん授業が進みました。
「フルートは次のうちどの楽器の仲間でしょう」「フルートの長さは次のどれでしょう」「今のフルートができたのは何年くらい前でしょう」「フルートは分解して運びますが何個に分解できるでしょう」などの質問に、中学生達も答えてくれました。

ピッコロによる「熊蜂の飛行」やアルトリコーダーによる「白鳥」、「情熱大陸」の息の合った演奏などにみんな熱心に聴き入っていました。

「吹いてみよう」では、私が作った手づくりフルート(頭部菅のみ)を全員に配って、吹いてもらいました。
一人だけ中学生の男子が音が出ました。ブラスバンドでチューバを吹いているそうです。

その他のこども達は誰も音が出ません。でも一緒に配ったストローをフルートの歌口に宛てて吹くとピーっと音が出ます。これは、ストローの先を平ぺったくつぶしていて、ちょうどフルートを吹くときに唇でつくる口の穴(口笛を吹くような)の形にしているため、そこから噴き出す空気がフルートの歌口に当たって音が出るのです。こども達はみんなびっくり。

この手づくりフルートは作るのに結構手間がかかりますが、音が出るととても喜んでくれるので、苦労の甲斐はあります。フルートの音が出る仕組みをちょっとは理解してくれたようです。

ピアソラの「リベルタンゴ」や「A Whole New World」のとても素晴らしい演奏を聴いて、最後は、一緒に「さんぽ」を歌って、楽しいフルートの授業を終わりました。

参加者
OnPal/真隅、松隈 GAP/川崎
病 院/小学生8人、中学生6人

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です