特定非営利活動法人OnPal

特定非営利活動法人OnPalは音楽の力で病気のこどもたちを元気づけるボランティア活動を行っている福岡のNPOです。

e-mail  onpal@jcom.home.ne.jp

〒810-0034福岡市中央区笹丘2-22-15

活動記録

2017.02.17 九大病院音楽授業

特定非営利活動法人OnPalで音楽授業を行いました。

日 時:2017年2月17日(金)11:00~12:00
場 所:九州大学病院がんばるーむ
テーマ:「フルートを聴いてみよう吹いてみよう」
講 師:フルート/白木彩子、金堂由樹子  ピアノ/藤江敬子

今日のプログラム
①オープニング
グリーグ作曲:ペールギュントより「朝」
②フルートってどんな楽器だろう
楽器クイズ
③フルートの仲間たち~それぞれの楽器をみてみよう
ピッコロ、フルート、アルトフルート
④いろんな曲を聴いてみよう
イングランド民謡:ピクニック
葉加瀬太郎:情熱大陸
J.Lacalle:アマポーラ
⑤さあ!フルートのように音を出してみよう
⑥いろんな曲を聴いてみよう NO.2
ピアソラ:リベルタンゴ
A Whole New World
⑦さいごに・・・フルートといっしょに歌おう
さんぽ

今日は、先日のこども病院に続いてフルートの白木彩子さんによる授業でした。

ペールギュントより「朝」の演奏に続いて楽器クイズです。
今日の授業では、小学生のとてもよく喋る男の子がいてくれたおかげで、どんどん授業が進みました。
「フルートは次のうちどの楽器の仲間でしょう」「フルートの長さは次のどれでしょう」「今のフルートができたのは何年くらい前でしょう」「フルートは分解して運びますが何個に分解できるでしょう」などの質問に、中学生達も答えてくれました。

ピッコロによる「熊蜂の飛行」やアルトリコーダーによる「白鳥」、「情熱大陸」の息の合った演奏などにみんな熱心に聴き入っていました。

「吹いてみよう」では、私が作った手づくりフルート(頭部菅のみ)を全員に配って、吹いてもらいました。
一人だけ中学生の男子が音が出ました。ブラスバンドでチューバを吹いているそうです。

その他のこども達は誰も音が出ません。でも一緒に配ったストローをフルートの歌口に宛てて吹くとピーっと音が出ます。これは、ストローの先を平ぺったくつぶしていて、ちょうどフルートを吹くときに唇でつくる口の穴(口笛を吹くような)の形にしているため、そこから噴き出す空気がフルートの歌口に当たって音が出るのです。こども達はみんなびっくり。

この手づくりフルートは作るのに結構手間がかかりますが、音が出るととても喜んでくれるので、苦労の甲斐はあります。フルートの音が出る仕組みをちょっとは理解してくれたようです。

ピアソラの「リベルタンゴ」や「A Whole New World」のとても素晴らしい演奏を聴いて、最後は、一緒に「さんぽ」を歌って、楽しいフルートの授業を終わりました。

参加者
OnPal/真隅、松隈 GAP/川崎
病 院/小学生8人、中学生6人

2017.02.06 こども病院音楽授業

こども病院で三学期の音楽授業を行いました。

日 時:2017年2月6日(月)11:00~12:00
場  所:福岡市立こども病院
テーマ:「フルートを聴いてみよう吹いてみよう」
講 師:フルート/白木彩子、金堂由樹子  ピアノ/藤江敬子

今日のプログラム
①オープニング
グリーグ作曲:ペールギュントより「朝」
②フルートってどんな楽器だろう
楽器クイズ
③フルートの仲間たち~それぞれの楽器をみてみよう
ピッコロ、フルート、アルトフルート
④いろんな曲を聴いてみよう
イングランド民謡:ピクニック
葉加瀬太郎:情熱大陸
J.Lacalle:アマポーラ
⑤さあ!フルートのように音を出してみよう
⑥いろんな曲を聴いてみよう NO.2
ピアソラ:リベルタンゴ
A Whole New World
⑦さいごに・・・フルートといっしょに歌おう
さんぽ

今日は、OnPalの新会員でフルートの白木彩子さんによる初めての授業でした。

初めにペールギュントより「朝」の演奏です。
とても天気の良い朝にふさわしい清々しい演奏で授業が始まりました。

そして、いつものように、いきなり楽器クイズです。
「フルートは次のうちどの楽器の仲間でしょう」「フルートの長さは次のどれでしょう」「今のフルートができたのは何年くらい前でしょう」「フルートは分解して運びますが何個に分解できるでしょう」などの質問に、前にいた男の子が元気よく答えてくれて、みんなも一生懸命考えてくれました。
やはり、みんなを授業に引き込むにはクイズが一番です。

フルートの仲間たちでは、ピッコロとアルトフルートを紹介しました。
ピッコロによる「熊蜂の飛行」のとってもスピードのある演奏にみんな目をパチクリしていましたよ。
いろんな曲を聴いてみようでは、特に「情熱大陸」の息の合った演奏に引き込まれていました。
こども達を喜ばせるのはとても難しいと感じるのですが、やはり良い演奏だと「すごいな~」と感心するのでしょうか、目を輝かせて聴いているのが良くわかります。
私がボランティアと言えどもプロの演奏にこだわるのは、やはりこども達に本物の音楽を届けたいからです。
今日は現物を見せることはできませんでしたが、バスフルートもスライドで見てもらいましたよ。


いよいよお待ちかねの「フルートのように音を出してみよう」では、私が作った手づくりフルート(頭部菅のみ)を全員に配って吹いてもらいました。
案の定、誰も音が出ません。でも大丈夫です。
一緒に配ったストローをフルートの歌口に宛てて吹くとピーっと音が出ます。
ちょっとでも音が出るとびっくりして、嬉しそうにしているのが良くわかります。
なかなか出なかったこどもも、ちょっと教えたら全員音を出すことができました。
フルートの音が出る仕組みをちょっとは理解してくれたかもしれませんね。


ピアソラの「リベルタンゴ」や「A Whole New World」のとても素晴らしい演奏を聴いて、最後は、一緒に「さんぽ」を歌って、楽しいフルートの授業を終わりました。

参加者
OnPal/真隅、真隅昌子 GAP/川崎
病 院/小学生4人、中学生3人

2016.12.23 トヨタカローラ博多の新社屋オープニングイベント

日 時:2016年12月23日・24日
テーマ:トヨタカローラ博多の新社屋オープニングイベント
場 所:空港通り・福岡市博多区豊2丁目3-50

OnPalメンバーがトヨタカローラ博多の新社屋オープニングイベントに出演しました。

トヨタカローラ博多様にはOnPalの賛助会員になっていただき、お礼も込めた参加でした。
メンバーのソプラノ 林 麻耶と曲尾理紗・メゾソプラノ 福田綾子・チェロ 井上 忍・ピアノ 吉富淳子たちがクリスマスソングの数々を演奏し、こどもたちやお客様には鈴やベルを鳴らしてもらい大いに楽しんでいただきました。
2日間で4回のステージでしたが、スタッフの方々にもとても親切にしていただき、気持ちよく演奏を終えることができました。
   

   
OnPalでは、九州大学病院や福岡市立こども病院に入院しているこども達のために「音楽授業」や「コンサート」を無償で提供しています。
無償とは言っても、講師や出演をしてくれるプロの演奏家には、OnPalから若干の謝礼を支払います。活動を継続するためには音楽家の善意にだけ頼る訳にはいきません。この為の資金は、賛助会員の会費や様々な補助金・助成金で賄っています。
今後、活動対象の病院や活動回数を増やすためにはもっともっと資金が必要です。
その為には、賛助会員を募るとともに、公共団体や企業などから演奏の依頼をいただき、そこで得た収益をボランティア活動資金に宛てていきたいと考えています。
つまり、私たちの活動をご理解いただく多くの方々の善意を、プロの音楽家たちが音楽授業やコンサートという形に変えて、入院児たちに届けるというのがOnPalの仕組みです。
この活動を応援したいと思われる方は、是非、賛助会員になったり、コンサートを依頼してください。
そのことが、こども達を元気づける音楽活動につながります。

2016.12.02 こども病院 クリスマスコンサート

こども病院 クリスマスコンサート
日時:2016年12月2日(金)14:00~15:00
場所:ひだまりギャラリー

こども病院で、少し早いクリスマスコンサートを行いました。
出演はOnPal会員の次のメンバーです。
ソプラノ:林麻耶・曲尾理紗  メゾソプラノ:福田綾子
チェロ:井上忍  ピアノ:吉富淳子

プログラムは次の通りです。
オープニング/「メサイア」よりハレルヤ
天使のキャロル
ウィンターワンターランド
オーホーリーナイト
天使の糧
クリスマスメドレー
「赤鼻のトナカイ もろびとこぞりて ひいらぎかざろう
荒野の果てに サンタが街にやってくる」
きよしこの夜
そりすべり
ジングルベル
we wish a merry Christmas
マスカーニ アベマリア
あわてんぼうのサンタクロース

今回のクリスマスコンサートは、GAPとのコラボレーションで、かなり大掛かりな仕掛けをいくつも取り入れました。

まずは、会場の背景を飾るクリスマスツリーのディスプレイ。
先日、松隈オフィスで制作したものです。
色とりどりのツリーをかたどった三角形の色紙に和紙で作った雪の結晶をたくさん張り付けたものです。
当初は後ろのロールカーテンに貼り付ける予定でしたが、両面テープではくっつかずに、横の柱に取り付けました。松隈さんが大奮闘でした。

次は、鈴やペットボトルのシェーカーです。
シェーカーはOnPal新会員でマリンバ奏者の竹下さんがわざわざ作って届けてくれました。
照葉小学校から借りた鈴と一緒に会場に配ってそりすべり、ジングルベルで演奏してもらいました。

目玉は、発泡スチロールペーパーで作った雪の結晶。
かなりの日にちをかけて200枚くらい作りましたが、マスカーニのアベマリアの歌が始まると、2階のベランダからGAPメンバーが降らせました。
午前中にクリスマスツリーづくりを行ったこども達も、雪を降らせる作業を楽しそうに手伝ってくれました。
ゆらゆらと舞い降りる雪に、会場のお客さんは最初は不思議そうにしていましたが、だんだん雪の結晶だとわかるととても喜んでくださいました。

コンサート終了後には、小さなサンタの手作り人形をプレゼントしました。
こちらもGAPの松隈さんを中心に200個以上作ったもので、コンサートにこられなかったこども達にも配られます。
もらったこどもは、口々にかわいいといって大切に持って帰ってくれました。

参加者
GAP&OnPal:川崎、城戸、小南、松隈、真隅k、真隅s、

このコンサートは「公益財団法人ベネッセこども基金」の助成をいただいています

2016.11.14 九大病院 音楽授業

日 時:2016年11月14日(月)11:00~12:00
場 所:九大病院 プレイルーム
題 名:ハープを聴いてみよう・弾いてみよう
講 師:田中祐子先生
プログラム
①ハープで名曲を聴いてみよう
♪パッフェルベルのカノン
②クイズ:ハープってどんな楽器だろう
③グランドハープとアイリッシュハープ
2つのハープを聴き比べてみよう
♪ホール ニュー ワールド ♪星に願いを
④ハープを弾いてみよう
⑤ハープと一緒に歌おう「紅葉」
⑥最後にハープのために作られた曲を1曲「引き潮」

今日は、6年ぶりのハープの授業です。
九大病院の院内学級は、生徒が多い割に教室がとても狭くて、大きなハープを持ち込むのは難しいと心配しましたが、今回は例外的に、プレイルームでの実施を認めていただきました。
おかげで、グランドハープとアイリッシュハープの2台を持ち込んで、授業を行うことができました。
また、プレイルームということで幼児も加わったので、少し心配しましたが、幼児達も1時間、最後まで飽きることなく楽しんでくれたようで、少し驚きました。
きっとハープを間近で見る機会はそうそうあるものではないので、生徒だけでなく、院内学級の先生やお母さん達、そして幼児達も刺激を受けたのでしょう。

最初に、パッフェルベルのカノンを聴いてもらいました。
続いて、ハープのことを勉強する「ハープクイズ」です。
①ハープの弦は何でできているの?  答えは羊の腸
②ハープを演奏するときに使わない指はどの指?  答えは小指。
③ハープの弦の数は全部で何本?  答えは47本。
④赤い色がついた弦の音は「ド」、青い色は何の音?  答えはファ。
⑤ペダルは全部で何本?  答えは7本。
答え合わせは、実際にハープを見ながら確認できるのでみんな真剣に考えてとっても盛り上がりました。
グランドハープとアイリッシュハープの聴き比べも素敵な曲の数々にとても喜んでいただきました。
「ハープを弾いてみよう」では、初めて触る楽器に恐る恐るといった感じでしたが、広い部屋を使わせていただいたおかげで、みんな一通り触ることができてとても嬉しそうでした。
ハープの演奏で紅葉を一緒に歌い、最後にハープのためにハーピストが作曲した「引き潮」のとってもハープらしい演奏を聴いて授業を終わりました。

GAP・OnPal/松隈、川崎、真隅K、真隅S
病 院/幼児・小学生・中学生・高校生 約20人
お母さん、院内学級教師 ほか

2016.10.17 こども病院音楽授業

特定非営利活動法人OnPalで音楽授業を行いました。

日 時:2016年10月17日(月)11:00~12:00
場 所:福岡市立こども病院 院内学級
題 名:ハープを聴いてみよう・弾いてみよう
講 師:田中祐子先生

今日は、6年ぶりのハープの授業です。
ハープを間近で見る機会はそうそうあるものではないので、生徒だけでなく、院内学級の先生やお母さん達もとても喜んでくれました。

img_1996a

プログラム
1.ハープで名曲を聴いてみよう
♪パッフェルベルのカノン

2.ハープってどんな楽器だろう
①ハープの弦は何でできているの?
答えは羊の腸・・ガット減でテニスのガットと同じと言うとみんな驚いていました。
②ハープを演奏するときに使わない指はどの指?
答えは小指。実演して見せていただきました。
③ハープの弦の数は全部で何本?
答えは47本。こどもに実際に数えてもらいました。
④赤い色がついた弦の音は「ド」、青い色は何の音?
答えはファ。これも実際に見られるのでとってもわかりやすいです。
⑤ペダルは全部で何本?
答えは7本。ドレミファソラシで7本ですね。
クイズのほか、ハープとはどんな楽器か、どうやって音を出したり変えたりするのかなどを説明し、色々なハープの仲間をテキストの写真で紹介しました。

img_1977a img_1981a

3.2つのハープを聴き比べてみよう
グランドハープより一回り小さなアイリッシュハープについて説明をして、2曲を聴いてもらいました。
♪庭の千草 ♪いつも何度でも

img_1984a

ここで予定を変更して、まずはハープを触ってもらいました。

4.ハープを弾いてみよう
初めて触る楽器に、みんな恐る恐るといった感じで、大きな音を出したり、グリッサンドをやったりする人はほとんどいなかったけど、みんな一通り触ることができて嬉しそうでした。
ほかの人が弾いている時に胴体部分をさわると振動している様子など、とても印象的だったと思います。

img_1991a img_1990a img_1987a

この後、グランドハープの演奏で2曲
♪ホール ニュー ワールド
♪星に願いを

5.ハープと一緒に歌おう
紅葉を一緒に歌いました。

6.最後にハープのために作られた曲を1曲
ハープのためにハーピストが作曲した「引き潮」のとってもハープらしい演奏を聴いて授業を終わりました。

img_1995a

参加者
OnPal/真隅、真隅昌子
病 院/小学生4人、中学生3人
お母さん4人 院内学級教師3人 ほか

2016.08.30 おへそ保育園コンサート

元気アートプロジェクトと協力して、佐賀のおへそ保育園でコンサートを行いました。
私たちが通常行っているのは、病気で入院しているこども達のための活動ですが、
たまには元気なこども達を相手に活動するのも楽しいものです。

日 時:2016年8月30日(火)10:00~11:20
場 所:佐賀 おへそ保育園
テーマ:「世界一周音楽旅行」
出 演:歌/林 麻耶、曲尾理紗  チェロ/井上 忍  ピアノ/八尋三菜子

img_1911a

佐賀のおへそ保育園では春に続いて2回目のコンサートです。
今回は、保育園児だけを対象ではもったいないということで、おへそ保育園が入居しているエスプラッツの3階ホールで一般の児童やお母さん方も入っていただいての公演となりました。

出演者と松隈さん、川崎さん、真隅sなどによる複数回の打ち合わせやリハーサルを経て、病院での音楽授業をバージョンアップさせた「世界一周音楽旅行」の公演です。

img_1955a img_1965a

“山の音楽家” で出演者が自己紹介した後に、二人ずつの園児に出てきてもらいサイコロを振ってもらいます。
大きな数が出た方が風船を割ります。
中から国の名前を書いたカードが出てくるという仕掛けです。
風船の割れる大きな音に泣き出す園児もいたようですが概ね喜ばれていたようでした。

img_1924a img_1928a

イギリス、オーストリア、イタリア、フランス、インドネシア、ドイツ、アメリカ、日本、スイスなどの国々に因んだ曲や歌を披露しました。

特にこどもたちに大うけだったのが、フランスとインドネシア。

フランスでは、“人形の歌”を歌いながら林さん演じる人形の演技がとっても上手で、それまで騒いでいたこども達もじっと見つめていました。

img_1937a img_1941a

また、インドネシアでは色々な民族楽器が登場して、これまた珍しさにこども達は興味津々だったようです。

img_1961a

佐賀のおへそ保育園でのボランティア公演は今回で一応終了の予定ですが、「うんち博士」や「世界一周音楽旅行」は病院ボランティアで今後も実施していける貴重なオリジナルプログラムになりました。

準備から本番まで関わった皆様、お疲れ様でした。

参加者
GAP/松隈、川崎、真隅k、真隅s、城戸、計盛、(真隅m)
OnPal/林 麻耶、曲尾理紗、井上 忍、八尋三菜子

2016.08.05 こども病院 サマーコンサート

今年も福岡市立こども病院でサマーコンサートを行いました。

日 時:2016年8月5日(金)14:00~14:40
場 所:福岡市立こども病院 ひだまりギャラリー
名 称:SEGD GLOBAL DESIGN AWARDS 2016受賞記念
こども病院 サマーコンサート
出 演:チェロ/井上 忍  ピアノ/八尋三菜子

img_1885a img_1888a

曲 目:
①エルガー/愛のあいさつ
②バッハ/アリオーソ
③サン=サーンス/白鳥
④フォーレ/エレジー
⑤モーツァルト=ヴォロドス編/トルコ行進曲(ピアノソロ)
⑥溝口肇/Season’s Greetings(受賞お祝い)
⑦夏は来ぬ(皆さんで歌いましょう)
⑧夏の思い出(皆さんで歌いましょう)

今回のコンサートは、こども病院の壁面などに描かれたデザインが世界的な賞を受賞したことをお祝いする意味も込めさせていただきました。
このデザインの中心的メンバーが中牟田さんと計盛さんです。
彼らはOnPalと連携する元気アートプロジェクトのメンバーです。
そのようなこともあって原病院長にもしばしお楽しみいただきました。

img_1874a img_1880a

全体に静かな心にしみる曲が中心でしたが、八尋さんが弾いたトルコ行進曲はヴォロドスという人の編曲だそうで、超絶技巧の不思議な曲でしたが皆さんはどう感じられたでしょうか。
また、受賞者二人に贈られた「Season’s Greetings」はとてもしあわせな気分になれる曲でした。
最後に会場の皆さんと「夏は来ぬ」「夏の思い出」を歌いました。

当日は、これまでで最高の80人近い方にお聴きいただきましたが、演奏が終わった後もお客様が話しに来られたり、とても喜んでいただけたようです。

img_1889a img_1876a

参加者
中牟田、計盛、松隈、川崎えつ子、城戸、真隅、真隅昌子、小南

2016.06.30 九大病院音楽授業 世界一周音楽旅行

九大病院でOnPalの音楽授業を行いました。

日 時:2016年6月30日(木)11:00~12:00
場 所:福岡市立こども病院 ひまわり学級 あらぐさ学級
テーマ:「世界一周音楽旅行」
いろいろな国の音楽を聴いて、国の場所、国旗、音楽の違いを勉強しよう
講 師:歌(ソプラノ)/曲尾理紗  チェロ/井上 忍  ピアノ/冨崎由紀

img_1706a img_1697a

今日の授業(じゅぎょう)で勉強(べんきょう)すること
・国が違えば音楽も違うことを体験する。
・地球儀の上で国の場所を探す。
・それぞれの国の旗を覚える。

プログラム
・ドイツ    バッハ/管弦楽組曲第3番より「アリア」
・イタリア   トスティ/「可愛いくちびる」
・スペイン   ファリャ/7つのスペイン民謡から「ムーア人の織物」
・イスラエル  ラヴェル/「ヘブライの歌」
・日 本    わらべうた
あんたがたどこさ、かごめかごめ、ずいずいずっころばし
・小さな世界
イギリス~アルゼンチン~スイス~韓国~日本~中国
~エジプト~スペイン~フランス~アメリカ

「世界一周音楽旅行」は、様々な国々の作曲家の音楽や、特徴のあるメロディーを演奏して、国ごとの音楽の特徴を勉強してもらうとともに、地球儀や国旗を使って色々な国のことも勉強してもらうプログラムです。

img_1671a img_1690a

2月に九大病院で実施した後、3月の実施を予定していたのですが、インフルエンザの流行により延期していたものです。
そこで、九大病院における反省点を活かして、こども達により分かりやすくなるよう内容に変更を加えました。

主な変更点は次の3点です。
①日本の旋律の説明を簡素化する。
②曲に合わせてプロジェクターで世界の映像を映し出してイメージを伝える。
③テキストを配布する。

img_1672a img_1678a

こども達は、地球儀で一生懸命国の場所を探したり、国旗を当てたり、プロジェクターに映し出される、各国の風景や踊り、音楽などの映像を見て、楽しく勉強してくれたようです。映像では本当は食べ物も紹介したいのですが、入院中のこども達にはかわいそうなので食べ物は出さないようにしています。

 

2016.06.22 九大病院 音楽授業 笛遊び

九大病院音楽授業

昨日は、九大病院で音楽授業を行いました。
今回の授業は「笛あそび」と題して、音の正体はなんなのか、笛の音はなぜ出るのか、色々な笛の仲間などについて教えました。珍しく私が先生です。

2016年6月22日(水)11:00~12:00
テーマ:笛あそび
講 師:フルート&オカリナ/高木華子
ピアノ/冨崎由紀
説明&手作り笛指導/真隅 潔

最初は「フルートの名曲を聴いてみよう」
高木さんのフルート、冨崎さんのピアノで、有名なビゼーの「アルルの女第2組曲」より「メヌエット」を聴いてもらました。

次は「色々な笛の仲間たち」
みんなが知っている笛の名前を思い出してもらいました。フルート、オカリナ・・・でもなかなか名前が出てきません。私がポケットからホイッスルを取り出して「ぴ~~!!」これも笛だよなどと言っていると、手術で声が出せない男の子が、声代わりのボードに尺八と書いてくれました。すかさず本物の尺八を取り出して音を出すと、みんな興味深そうに見てくれましたよ。この男の子はその後も色々と答えてくれて、おかげで盛り上がりました。それから、フルートと横笛、尺八とケーナ、リコーダーやオカリナと鳩笛、パンフルートと土笛などそれぞれ似ている色々な笛の仲間たちの映像を見せながら、パンフルートやオカリナは実物を見せて音を聴かせました。

次は「笛の音はどうして出るのか勉強しよう」
音ってなんだろう~音を見たことある人~音は聞こえるけど目には見えない
「大きい音 小さい音」 「高い音 低い音」 「きれいな音 汚い音」
音は空気の振動が耳の中の鼓膜に伝わって音が聞こえること
打楽器、弦楽器、管楽器の音を出す仕組みなどを説明し、
笛だけが、空気そのものを振動させて音を出していることをわかってもらいました。
ちょっと難しいけどみんな真剣に耳を傾けてくれましたよ。

次は「オカリナの名曲を聴いてみよう」
高木さんにオカリナで「コンドルは飛んでゆく」 を演奏してもらいました。

次はお待ちかねの「みんなで一緒に演奏しよう」
リコーダーなどを使ってみんなで「オーラリー」をとっても上手に演奏することができました。

次は「みんなで笛をつくってみよう」
残念ながら時間が足りなかったので、私が作ってきた紙コップの笛を使ってみんなでチューリップを演奏しました。ド・レ・ミ・ソ・ラのグループに分かれて演奏しましたが、1回でとてもうまくいったのでみんなとても楽しそうにしていました。

最後にフルートの演奏で「365日の紙飛行機」を聴いてもらって授業を終わりました。

生徒代表の女の子がお礼のあいさつで「365日の紙飛行機」が好きで久しぶりに歌えて楽しかったなどと言ってくれたことや、終わった後に数人の子供が違う音の紙コップの笛をほしがったりと、みんなとても満足してくれたようでした。

img_1650a img_1643a img_1641a img_1637a img_1658a img_1654a