特定非営利活動法人OnPal

特定非営利活動法人OnPalは音楽の力で病気のこどもたちを元気づけるボランティア活動を行っている福岡のNPOです。

e-mail  onpal@jcom.home.ne.jp

〒810-0034福岡市中央区笹丘2-22-15

演奏家紹介

OnPalの活動に会員として参加している演奏家のプロフィールです。
OnPalの活動は会員以外にも多くの演奏家によって支えられています。

井上 忍(チェロ)正会員
立命館大学在学時より、オーケストラでチェロを始める。
白石将、宮田浩久、G.ホフマンの各氏に師事。オーケストラ、室内楽等でコンサート活動を行う。
アルモニア管弦楽団チェロ奏者をつとめる他、フリーのチェリストとして積極的に演奏活動を行う。
音楽教室ピーペン・シューレ講師、他後進の指導にあたる。
高木華子(フルート)正会員
福岡市出身 幼少より鈴木メソードにてフルートを学び始める。
福岡女子短期大学音楽科を経て同校専攻科修了。
学生時代より積極的に演奏活動を行い、数々の演奏会へ出演。
2011年アクロス福岡シンフォニーホールにてフランスより来日のドビュッシー弦楽四重奏団と共演し好評を博した。
演奏活動の傍ら、市内をはじめ多数の教場にて、後進の指導にも力を注いでいる
福岡青年音楽家協会、北九州音楽協会各会員 
石田光江、清水信貴、許斐恭子各氏に師事
 林 麻耶(ソプラノ)正会員
福岡教育大学芸術コース音楽専攻卒業、同大学院演奏学科修了。
2010年飯塚新人音楽コンクール入賞。
2005年オペラ「魔笛」にパミーナ役でオペラデビュー。その他、「フィガロの結婚」「ジャンニ・スキッキ」など多数出演。
これまでに中部フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団と共演。韓国での日韓創作歌曲演奏会や、合浦万現代音楽祭に出演。
2010年九州サマー・フェスティバルにて「林麻耶ソプラノ・リサイタル」を開催。
アメリカ、イタリアにてディプロマを取得。現在、西日本オペラ協会理事。ヒューマンアカデミー福岡校講師。
福田 綾子(メッゾ・ソプラノ)正会員
福岡市出身 大分県立文化芸術短期大学音楽科声楽科コース卒業
故千々岩千春氏、飯山恵巳子氏、田中(小野寺)純子氏に師事。
福岡青年音楽家協会会員。音楽企画(ピアチェーレ)、声楽研究会(ラ・ヴォーチェ)会員。
緑のコンサート、アクロスフロアーコンサート等に出演、ソロ演奏活動及び、病院、介護施設、公民館等において音楽指導、出前コンサート等行っている。ピアチェーレ企画では、「金子みすずの世界」「モーツアルトの手紙」絵本より「手袋をかいに」「おやゆびひめ」等、オリジナルアルバム目と耳で楽しむ「音楽と語りの世界」をお届けして好評を得ている
曲尾 理紗(ソプラノ)正会員
鹿児島県出身 沖縄県立芸術大学音楽学部卒業
これまでウーヴェ・ハイルマン、松本美和子の各氏に師事
第22、23回鹿児島県高校音楽コンクール第1位
瀧廉太郎記念全日本高等学校声楽コンクール第52回優良賞第53回優秀賞受賞、南日本音楽コンクール第45・52回入選、第47・48回優秀賞受賞、第2・3回若い音楽家たちのコンサート、第20回鹿児島新人演奏会等に出演、また、最近は舞台音楽の歌を担当したり、復興支援のコンサート等にも出演
美しい声と、皆さんに親しんで頂ける音楽を模索中です
吉冨淳子(ピアノ)
桐朋女子高等学校音楽科・桐朋学園大学音楽学部卒業
コンサート・ピアニストとしてソロ活動の他、九州交響楽団・福岡市民オーケストラ・北九州交響楽団と共演。室内楽でも、プラジャーク弦楽四重奏団・コダーイ弦楽四重奏団・ブラスチラバカンマームジークシュピーラー、セレーノ室内オーケストラと共演。さらにアンサンブル・ピアニストとして、地元の音楽家の方がたや、西南女学院高等学校音楽部をはじめ、メモリアル女声合唱団等、福岡・北九州で多くの合唱団との共演を続けている。
西南女学院大学短期大学部非常勤講師、福岡音楽学院講師
青年音楽家協会所属
工藤 真菜(ヴァイオリン)
東京芸術大学附属音楽高校、同大学卒業。
中国ユースコンクール総合優勝。日本クラシック音楽コンコール最優秀賞。毎日学生音楽コンクール第3位。江藤俊哉ヴァイオリンコンクール第2位。他、イタリア、ドイツでも入選。
ソリストとして日本フィルハーモニー、神奈川フィルハーモニー、広島交響楽団、九州交響楽団他と共演。
アイゼナッハ始め6都市から招待されコンサートに出演。
アメリカ ボードウィン音楽祭にてソロ。
現在、東京と福岡を拠点にソロ、室内楽、オーケストラ、後進の指導の各分野で活動中。
白木彩子(フルート)
福岡女学院高等学校音楽科卒業。桐朋学園大学演奏学科卒業。同研究科修了。NYマネス音楽院ディプロマコース修了。
第50回全日本学生音楽コンクール福岡大会フルート部門第3位。
第37回北九州芸術祭クラシックコンサート全日空賞受賞。
第5回KOBE国際学生音楽コンクール奨励賞受賞。
2001年東京文化会館新進音楽科オーディション(室内楽)合格、同演奏会出演。2002、2003年アジアユースオーケストラオーディション合格、アジア各国の演奏旅行に参加。
2005~2007年、中国の広州交響楽団首席奏者を務めた。
現在はソロ、室内楽、オーケストラ、九州管楽合奏団メンバーとして演奏活動を行っている。 
竹下 恵(マリンバ)
桐朋女子高校音楽科、同大学、同研究科修了、卒業演奏会出演
第42回西日本出身新人演奏会にてテレビ西日本賞受賞。
RKB、NHKテレビに出演。CD Wellcome Sun発売。
現在は演奏活動、小・中・高校の打楽器指導、音楽コンクール審査員も務めている。
マリンバを安倍圭子、クラウス・トレッセルト、マイケル・ウドー、打楽器を小林美隆、佐野恭一の各氏に師事。
福岡音楽学院非常勤講師。
  安浪由紀子(ピアノ)
活水女子短期大学器楽専攻卒業
卒業演奏会出演、第36回西日本出身新人演奏会出演
中野正三郎、渡辺陽子の各氏に師事
福岡ピアニストグループ、福岡室内楽協会会員
  安田梨香(ピアノ)
桐朋学園大学演奏学科卒業後、 フランス・ストラスブール国立音楽院研究課程に留学。同国立音楽院研究課程のディプロムを取得、フランス地方演奏家ディプロム(室内楽部門)を満場一致で取得。同時にオストヴァルト公立音楽学校のピアノ科講師を務めた後、日本へ本格帰国。
これまでにピアノを深沢亮子、上野久子、狩野美紀子、ローラン・カバッソ、ダニー・ルエの各氏に、室内楽をアルマンド・アングステ-ル氏に師事。
2011年より福岡市を拠点に活動を始める。香住ケ丘音楽教室ピアノ科講師、K-BALLET福岡スタジオ委託ピアニスト。
桐谷美貴子(オーボエ)
武蔵野音楽大学卒業。ハンガリー国立リスト音楽院留学。
2001年、2004年ブダペストスプリングフェスティバル出演。
第46回西日本紹介新人演奏会にて審査員奨励賞受賞。
第19回日本管打楽器コンクール「オーボエ」部門第3位。
オーボエを大倉安幸、吉成行蔵、ヨーゼフ・キシュ、青山聖樹、池田昭子に師事。
九州管楽合奏団、長崎OMURA室内合奏団、北九州グランフィルハーモニー管弦楽団、各団員。
活水女子大学音楽学部非常勤講師。クレモナ楽器音楽教室オーボエ講師。佐世保ジュニアオーケストラ講師。
八尋三菜子(ピアノ)
武蔵野音楽大学、同大学院共に首席卒業。
大学院修了時にフロイツァー賞受賞。
飯塚新人音楽コンクール一位をはじめ、多数のコンクールで優勝する
在学中より、多くの新人演奏会、イタリアなどの演奏会に出演。
九州交響楽団、読売交響楽団、渋谷交響楽団のソリストとして、チャイコフスキー、リストのピアノ協奏曲を共演。
 真隅政大(ピアノ)協力会員
福岡県立修猷館高等学校卒業後、京都市立芸術大学、同大学大学院修士課程を経て、2009年渡独。ドイツ・ハノーファー音楽演劇大学ピアノ科を卒業したのち、同大学大学院室内学科にてさらに研鑽を積む。ローム・ミュージックファンデーション奨学生。
宝塚ベガ音楽コンクール、イタリア・アルジェント国際音楽コンクールなど国内外のコンクールに入賞。九州交響楽団、メキシコ・ハリスコ州立管弦楽団などのオーケストラと共演。ピアノを中山由里、阿部裕之、アイナー・ステーン=ネクレベルク、マルクス・ベッカー他の各氏に、チェンバロおよび通奏低音をベルンハルト・ローア氏に師事。
現在ハノーファー音楽演劇大学の非常勤講師(伴奏員)として、また主に室内楽を中心として演奏活動を行っている。
 西橋由希子(ピアノ)賛助会員
福岡女子短期大学音楽科・音楽先攻科卒業
内山信・岩永佳子・吉津真由美、各氏に師事
卒業後は、ヤマハ音楽教育システム講師を経て、個人レッスンで後進の指導をする傍ら、独学で音楽療法学を学び、これまでに、色々な施設にて多くの研鑽を積む。
現在 音楽療法を活かし 子どもから高齢者まで、健康維持や健全育成をはかる為に、数々の施設で活動中。コール・リーベラ専属ピアニストOnPal賛助会員
 田中祐子(ハープ)賛助会員
東京都出身。桐朋学園大学音楽部ハープ科卒業。
ハープをJ.モルナール氏、E.ドゥルジンスキー氏、L.ターナー女史に師事。
1991年よりシカゴ交響楽団付属シカゴシビッグオーケストラに奨学金を得て2年在籍。帰国後フリーハープ奏者として、オーケストラ、室内楽を中心に活動。またポップスなどクラシック以外のジャンルの演奏も手がけ、レコーディング、ミュージカル、ブライダルなど様々なシーンで活躍。
2006年より福岡に拠点を移し活動中。
クレモ・ハープスクール、天神ヤマハセンター講師。
演奏依頼について
掲載している演奏家への演奏依頼などお気軽にご相談ください。