特定非営利活動法人OnPal

特定非営利活動法人OnPalは音楽の力で病気のこどもたちを元気づけるボランティア活動を行っている福岡のNPOです。

e-mail  onpal@jcom.home.ne.jp

〒810-0034福岡市中央区笹丘2-22-15

2018.09.26 九大病院音楽授業 箏

2018.09.26 九大病院音楽授業 箏

2018年9月26日(水)11:00~12:00
九州大学病院 小児医療センター プレイルーム

こと(筝)を聴いてみよう弾いてみよう

講師
河原伴子 河原抄子

授業内容
①祭りの太鼓
②日本のうたメドレー
③筝クイズ(クイズを出しながら楽器紹介)
④瀬音
⑤お箏を弾いてみよう (体験)
⑥となりのトトロ

初めての和楽器「箏」の授業を行いました。
始めの曲「祭りの太鼓」は、こどもにもわかりやすい楽しく躍動感のある曲で、冒頭からこども達は目を見張って熱心に聴き入っていました。また、「日本のうたメドレー」も筝の音色にうっとりとさせられる曲で、印象としては、西洋の楽器よりもこども達が熱心に聴いているように感じました。
お箏クイズは、
第一問 お箏は一匹の動物に例えて色んなところに名前がついてます。
第二問 お箏には頭と尻尾があります。ではそれぞれどっちの部分でしょう。
第三問 お箏の絃は何本あるでしょう
第四問 糸には名前がついてます。一から十までは普通の数字です。
第五問 筝の長さは何センチメートルでしょうか。
第一問の答えの龍は、ほとんどのこどもが正解でした。中学校ではすべての学校でお箏を授業で取り入れているそうです。
クイズを通じて色々なことを教えていただきました。
宮城道雄作曲の「瀬音」という箏と十七絃の名曲を聴いて、弾いてみようコーナーでは、全員が箏を触って音を出すことができて、最高の笑顔が広がりました。
最後にトトロを聴いて、歌って授業を終わりました。
病室に帰るエレベーターの中で、中学生がお母さんに「きれいな音だったね」と話していたそうです。
参加者
OnPal:3人    GAP:1人
病院:(音楽授業)小学生11人 中学生 8人 教師他 4人

支援

  公益社団法人日本歯科医師会

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です