特定非営利活動法人OnPal

特定非営利活動法人OnPalは音楽の力で病気のこどもたちを元気づけるボランティア活動を行っている福岡のNPOです。

e-mail  onpal@jcom.home.ne.jp

〒810-0034福岡市中央区笹丘2-22-15

2018.06.20 こども病院音楽授業 コントラバス

2018.06.20 こども病院音楽授業 コントラバス

2018年6月20日(水)14:30~15:30
こども病院2F ひまわり学級

授業名
弦楽器の中で一番大きな楽器はコントラバス
みんなで、見て、聴いて、弾いて、勉強しよう”

講師
コントラバス/森田良平、ピアノ/室屋麗華

授業内容
①クラシック音楽は難しくない! まずは音楽でごあいさつ
エルガー作曲 ’愛のあいさつ’
②音の動物園!! いろんな動物をコントラバスで表現
サンサーンス作曲 ’ゾウ”白鳥’
ロレンツィティ作曲 ’ガボット’
③コントラバスクイズ これでみんなもコントラバス博士
④童謡・唱歌100周年 日本のメロディを聴いてみよう
滝廉太郎作曲 ’荒城の月’
山田耕作作曲 ’からたちの花’
⑤コントラバス一つだけで奏でる音楽
久保禎作曲 ’樹影’
⑥これぞ超絶技巧!!
クラシック音楽の世界
モンティ作曲 ’チャルダッシュ'”

①同日午前中に行った九大病院がんばるーむの生徒さん達に比べて、症状の軽い生徒さんたちなので表情が明るく、演奏に集中出来る様子でした。
②動物をコントラバスで表現。九大病院と同じく、フルに想像力を働かせて聴き入っていました。
③コントラバスクイズでは、とんとんと正解を出し、弦が昔は羊の腸だった、というところは写真だけでは今一つ理解できない様子でしたので、現物を用意するべきでした。コーディネーターの井上さんがチェロを持ってきていたので、森田さんからの要請を受け、横に並べてコントラバスとの違いを尋ねました。案の定、まずは色の違いを指摘されましたが、一番近い生徒さんが、なで肩、いかり肩の違いに気付きました。なで肩はヴィオール族、いかり肩がヴァイオリン族、と同じ弦楽器でもルーツが異なります。
白鳥の冒頭をチェロで弾き、コントラバスの音域が1オクターヴ低いことを理解しました。
続いてアイネクライネ・・・の一節を一緒に弾き、同じ楽譜を読みながらもコントラバスは1オクターヴ低い音程で弾くことを説明しました。
④日本のメロディ、⑤コントラバス一つだけで奏でる音楽、久保禎作曲’樹影’、⑥’チャルダッシュ’でコントラバスの音色を堪能しました。
これだけコントラバスの演奏をまとめて聴くことは、大人になってもそうそうあるものではありません。子供たちの中にいろいろな疑問が湧いてきました。
「表に開いている穴は何ですか?」・・・f字孔といって、空気の振動を外へ出す役目をしています。「弦の数は4本に決まっているのですか?」・・・オーケストラではもう一本音程の低い弦を持つ5弦コントラバスを使うことがあります。「弦が5本になったら、上の回すところも増えるのですか?」・・・その通りです。よく気が付きましたね。
最後に全員が楽器を弾いたり触れてみて、音の出方や楽器本体が振動するのを体感しました。

参加者
OnPal:真隅k、真隅s、安田、井上   GAP:
(音楽授業)小学生7人 中学生3人 教師3人 他4人

 支援
  公益社団法人日本歯科医師

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です