特定非営利活動法人OnPal

特定非営利活動法人OnPalは音楽の力で病気のこどもたちを元気づけるボランティア活動を行っている福岡のNPOです。

e-mail  onpal@jcom.home.ne.jp

〒810-0034福岡市中央区笹丘2-22-15

2018.03.27 九大病院プレイルームコンサート

2018.03.27 九大病院プレイルームコンサート

特定非営利活動法人OnPalでは九大病院プレイルームでコンサートを行いました。

日 時:2018年3月27日(火)14:00~14:40
場 所:九大病院小児医療センター プレイルーム
テーマ:プレイルームコンサート「カンタローのぼうけん」
出 演:ナレーション/竹下 恵  フルート/白木彩子
チェロ/井上 忍  ピアノ/安浪由紀子

OnPalと元気アートプロジェクトが協力して1年がかりで創作した紙芝居コンサート「カンタローのぼうけん」の初演を行いました。
「カンタローのぼうけん」は紙芝居と音楽によるものがたりです。
楽しい絵とショパンのメロディーで、物を大切にする心を伝えます。

企画:特定非営利活動法人OnPal
原作・構成:松隈直知
イラストレーション:鄭 菊振
編曲:竹下 恵
エディトリアルデザイン:中牟田麻耶
助成:公益財団法人ベネッセこども基金

本日の初演は、開演の70分前に集合して会場の準備からリハーサルまで綿密に行いました。開演に先立ち、ナレーションを務めた竹下さんが、物語の趣旨が環境問題にあることや、音楽がみんながどこかで聴いたことのあるショパンのピアノ曲を編曲したものであることなどを説明しました。
いよいよ紙芝居と演奏が始まりです。
この物語のもう一つの仕掛けは、会場のこどもたちに絵本のキャラクターになってもらい、一言ずつせりふを言ってもらうことなので、自転車さんや、トンボさんや、くまさんなどを振り分けて、それぞれ場面ごとにせりふを読んでもらいました。
ショパンの名曲の数々をフルートやチェロで演奏するのは簡単なことではありませんが、練習を重ねた成果で、とても素晴らしい演奏を聴かせてくれました。
おかげで、とても楽しいカンタローのイラストと、フルートとチェロとピアノのメロディーに、こどもも大人も真剣に見入ってくれました。
今後、回を重ねるごとにもっともっと見事な演奏になっていくことでしょう。楽しみです。
プレイルームはもともと幼児のためのスペースで、「カンタローのぼうけん」は幼児向けの内容ではないので心配でしたが、幼児もお母さん達も一緒に楽しんでくれたようです。
また、春休み期間中ということもあり小学生は2人しかいませんでしたが、この2人がとても気に入ってくれたようで、演奏後は、配布した「カンタローのぼうけん」の絵本に出演者のサインを求めたりして、とても楽しそうに話していたのが印象的でした。
反省点としては、マイクがなかったのでこどもやお母さんの読むせりふが聞き取りにくかったことと。自分の出番がいつかわからないので、それが気になって紙芝居や演奏を楽しむ余裕がなかったことでしょうか。次回は、マイクの準備と、始まる前に出番がいつごろかを教える工夫を行いたいと思います。
「カンタローのぼうけん」は、「うんち博士」に続く第2弾のオリジナル作品として、今後、色々な場面で公開できればと思います。
当面は、2018年度に、こども病院のひだまりギャラリーや福大病院のプレイルームで実施する予定です。また、九大病院も今回はプレイルームでしたが、院内学級の音楽授業で環境教育を兼ねて行うことを、院内学級の先生と相談したいと思います。
出演のみなさま、お手伝いのみなさま お疲れさまでした。

参加者
OnPal:真隅k、s GAP:川崎、松隈、小南、岸本、城戸
病院:幼児5人 小学生2人 ご家族7人
保育士:長谷川さん 事務:築田さん 深川さん

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です